ミールキット

【ヨシケイの口コミと評判】量や料金は妥当なのかお試しして検証してみました

ヨシケイって毎日の献立を考える手間が省けて便利そうだけど評判や口コミってどうなの?味はおいしいの?続けられる値段?なんてお悩みではありませんか。

そこで今回はヨシケイのお試しを体験。そこで分かったヨシケイにしかないメリットや実際の味や価格についても詳しくご紹介します。

⇒先にヨシケイのレビューを見たい方はこちら(下に移動します↓)

目次

ヨシケイの特徴

ヨシケイは1975年に創業の全国にミールキットを中心にした食材宅配サービスを展開する会社です。

女性の社会進出が盛んになりだした時代からいちはやく家事と仕事の両立をサポートするミールキットを提供しており、今では会員数は50万人、専門誌による食材宅配市場での売上高ランキング1位という人気の食材宅配サービスです。

配達はすべてヨシケイのスタッフがやってくれるのが特徴で、長年のノウハウに裏打ちされたきめ細かいサービスが支持されています。

また、料理初心者向けメニューや少し手間をかけて作りたい和食メニューなど12種類ものセットメニューの中から豊富に選べるのも支持されている理由のようです。

まあさ
まあさ
手軽な冷凍弁当のコースもありますよ。

ヨシケイではフランチャイズ制をとっていて、全国65社のヨシケイグループ企業が地元に密着したサービスを行っている点も特徴です。

ヨシケイのミールキットの口コミと評判

では、そんなヨシケイの良い評判を見ていきます。

良い評判

ヨシケイは送られてくる食材が新鮮で良く、いつも安心している。

特に豚肉の和豚もち豚が美味しいです。

後で私も体験談を書きますが、ヨシケイの食材は毎日宅配してもらえるので、基本当日の早朝に加工しているんだそうです。

鮮度がいい食材だと料理するのも楽しくなりますよね。

まあさ
まあさ
また、お肉も銘柄物が扱われていたり、こだわっているんですよ♪

次は料理の手軽さと美味しさに関する口コミです。

時短料理が多く、いつも大体レシピに書かれた時間で作れるのにおいしいので助かっています。

ヨシケイでは20分で作れるコースや35分で作れるコースが人気で、さらには時短に特化した15分メニューまであります。

毎日同じくらいの時間で出来上がるのって本当に助かりますよね。

同じように時短で手作りごはんができる!という以下のようなTwitter投稿もあります。

次は食材が1回分ずつセットになったことの利点を挙げた評判です。

食材は1回で使い切れる量を配達してくれるので冷蔵庫で腐らせてしまうことがなくなりました。

食材のやりくりを考えなくてよいのも楽です。

次は旦那さんも料理を作ってくれる、といううらやましい口コミです。

夫婦共働きですが、ヨシケイをとるようになってから、主人が先に帰る日は料理を作っておいてくれるようになって助かっています。

料理の腕も上がってきているようでだんだん短い時間で作れるようになってきています。

料理の経験値が主婦とは違うので仕方がないですが、男の人は「冷蔵庫にあるもので何か適当に作っておいて」と言ってもできないことが多いですよね。。

そのため、平日に夫に料理を作ってもらうことは不可能、と考えているご家庭は多いと思います。

でもその点、ヨシケイでは食材とレシピがセットになって届くので最低限の切ったり焼いたりができる人なら誰でも料理が作れるのは本当に魅力的だと思います。

悪い評判

次はヨシケイのあまりよくない評判です。

ヨシケイは量が少ないように思います。

特に肉・魚の量が少ないので食べ盛りの子供がいる家庭だと物足りなく感じるかもしれません。

ヨシケイの量に関する口コミはたくさんあり、上のような「少ない」、といったものから「多い」といったものまで実はいろいろとあります。

次は少し多いと感じている人のTwitterです。

いろんな意見があるので、食べる量は家庭によってかなり差がある、と考えた方がよさそうです。

量が実際どのくらいだったかは後でお試し注文をしたときの写真でたっぷりご紹介するのでそれを見て判断してみてください。

次はヨシケイで頼めるお弁当に関する口コミです。

ヨシケイのお弁当を頼んでいたことがあります。

味は美味しい!というものから少し苦手に思う味付けまでありました。

味については個人の好みがあるので難しいのですが、特にお弁当では味の調節ができないので口に合わない、と感じる場合もあるようです。

まあさ
まあさ
自分で調理するコース(ミールキット)なら基本自分で味を調整するので自分好みにアレンジすることもできますね。

ヨシケイのお試しの口コミ

そんなヨシケイではお得に5日間のお試しをすることができ、通常メニューを半額程度の3,000~3,500円(税込み、2人分)の料金で試すことができます。

5日間試せると自分に合っているか?をじっくり考えられますしいろんなメニューを食べて判断ができるので人気です。

Twitterでもヨシケイをお試ししてよかった!の声がありますよ。

ヨシケイのプチママお試しレビュー

今回はそんなお得なヨシケイのお試しを私も体験しました。

頼んだのはプチママという手ごろな価格でとりわけ離乳食も作れる人気のコースです。

留め置きの状態

日中家にいないと玄関に留め置きしてくれていました。

バンドをかけた上にさらに未開封を示す紙の帯まで巻いてあって丁寧です。

箱の中の食材

そして発泡スチロールの箱をオープン。

一番上に今週分のレシピが見えます。

そしてその下に冷蔵食材が入っています。

ちょっと見えにくいのですが、冷蔵食材の下に白いシートが見えるでしょうか。

ヨシケイでは基本1つの箱の中に冷蔵品と冷凍品が一緒に入っているのですが、このシートで冷凍品の冷気で生野菜などが傷むことがないように保護しているんだそうです。

そしてシートをめくった下のお肉と保冷剤です。

夕方に見ても保冷材はまだしっかり冷たかったので安心です。

また、お肉は夕方に半解凍の状態になるように考えて保冷剤の量が調整してあるんだそうです!すごいですよね。

実際に5日間作ってみて、1度も「肉や魚がコチコチで解凍が大変…」なんてことはなく快適に調理できました。

実際に作ってみました

同梱されていたレシピとリーフレット類です。

お試し期間ならでは、といこうことで普段の食事について考える読み物と今日の食材の産地リストが入っていました。

産地はほとんどが国産で、野菜などは県名まで記載されていました。

毎日このリストを作るだけでも大変だと思います。

1日目

1日目の食材を全て並べてみたところです。

全てパッキングされていてかなり清潔感があってびっくりしました。

カレー粉や粉チーズなどの調味料も小分けで入っているのが嬉しいです。

野菜はどれもきれいに見えたのですが、「鮮度維持のためヨシケイでは洗っていません」というようなことがパッケージに書いてあったので洗って調理しました。

普段の料理でも当たり前にやっていることですが、1つ1つ洗うのは少し手間ですね。

1日目の今日はこれらの食材を使ってチーズ風味のポークチャップとカレーマヨポテトサラダを作ります。

湯を沸かしている間にまずじゃがいもと人参をカット。

野菜をゆでている間に、

ピーマンなど主菜用の野菜もカット。

きゅうりは塩もみもします。

味付け用の調味料は家にあるものを調合します。

お肉はカットせず切り落としを炒めるだけでOKで簡単です。

ざっと炒めた後は先ほどの合わせ調味料を絡ませて完成。

じゃがいもとにんじんはマヨネーズとカレー粉で和えてポテトサラダの完成です。

調理時間は20分(下ごしらえ除く)が目安と書いてありましたが野菜を洗うところ~盛り付けまで入れて30分くらいでできました。

こうしてできた2人前の食事がこちらです。

2人分の食事のはずなのにたっぷりあったので子供にも取り分けました。

特に副菜のポテトサラダが多かったです。

1人分はこんな感じです。お肉のおかずには付属の粉チーズもたっぷりかけました。

サラダにはレタスもついていたので野菜たっぷりです。

そして、これで実はレタスは多くて余っています。キュウリもそうだったのですが、野菜は少し多めに入っていることもあるようです。

肝心の味の方は、主菜も副菜も想像していたよりおいしくできてびっくりしました。

普段自分でしない味付けなので新鮮な感じもするし、「この味付けもありなのね!」という感じです。

まあさ
まあさ
主菜の方はケチャップとソースを使ったのでちょっと甘めでしたが子供には好評でがつがつ食べていましたよ。

お肉の量としては今回のキットで来た食材では豚肉が160gでしたが、全然少ない感じはなかったです。

そしてお肉は和豚もち豚だったのでやわらかくてジューシーでした。

長くなったので2日目からは届いた食材と出来上がり写真だけ載せていきますね。

2日目

今日の献立はクリームコロッケ&メンチカツと冬野菜のコンソメスープでした。

届いた食材はこちら。

コロッケとメンチカツは調理済みで揚げるだけのものが届くので楽です。

そしてこちらのかぶの大きさにびっくり。また副菜がたっぷりできそうです。

ウィンナーは少しでも添加物が少ないものを、と厳選したものを使っていると説明がありました。

確かに発色剤が使われていない無塩せきのものになっています。

そうしてできたのがこちら。

私の分のクリームコロッケとメンチカツは子供にとりわけたので形が崩れていますが、全体としての量がすごいですよね。

そして実はこの冬野菜のコンソメスープは実はもう1椀分できていて、多すぎたので翌朝にも頂きました!

まあさ
まあさ
作っているときに鍋かと思うほどたくさんできましたよ笑

カブが甘くてしみじみとおいしいスープになりました。

そして今回は揚げ物だったのですが、我が家は子供が生後ちょこまか動くようになってから危ないので揚げ物を全くしていなかったのです。

今回数年ぶりに揚げ物をしました!

最初「揚げ物は面倒だな…」と腰が重かったのですがメニューにあるのでやるしかない、とやってみたところ揚げたてはやっぱりおいしかったです。

ヨシケイのように毎日メニューを提案されると自分ではしない調理法でも半ば強制的に作れるのもいいところかもしれませんね。

揚げ物1人2個はかなり満足できる量でした。

そしてやっぱりレタスの量がめちゃくちゃ多いです笑

普段サラダは添え物程度しか食べていないということを痛感させられました。

3日目

3日目はまんだいのソテーとお袋煮です。

今日のまんだいという魚は私は全く知らなかったのですが、別名アカマンボウというそうです。

タイでもマンボウでもない深海魚だそうですよ。

できあがりはこちら。

お袋煮は油揚げに卵を割り入れて巾着卵にするのですが、普段そんな料理は作らないのでおいしかったです。

まあさ
まあさ
出汁が染みたほっとする味でした。

あとはまんだいも初めて食べましたがメカジキみたいな味でおいしかったです!主人にも好評でした。

近所のスーパーに売っていないような魚も食べられるのがいいなと思いました。

4日目

4日目は焼き肉のたれで簡単!牛肉チャプチェと3種の野菜チヂミ・たまごスープでした。

5日間のうちこの日だけ3品献立でした。

でもチヂミは出来上がりのものを温めるだけで楽!

春雨を戻す手間はありましたが5日間のうち今日だけ調味液(焼き肉のたれ)がついていたので便利でした。

調味液の原材料はこんな感じです。

焼き肉のたれで有名な日本食研のものですね。

出来上がりはこちら。

牛コマ肉が2人分で100gなので、焼き肉が好きな人には物足りなく感じるかもしれないのですが、春雨や野菜がたっぷりで全体としては満腹になりました。

あとは個人的にこの青菜と卵のシンプルなスープが簡単なのにほっとする味わいで気に入ったのでまた作ろうと思いました。

ヨシケイのプチママのレシピは家の調味料で味を作るものが多いので、気に入ったら自分のレパートリーに加えられるのもいいところです。

でもチャプチェはちょっと私には甘い味でした。

これは焼き肉のたれを使っていて調整がしにくいためですが、こういう味もあるんだなーという感じです。

でも全体としては美味しくいただきました。

5日目

5日目金曜日はぽかぽか豚生姜鍋でした。

食材も基本的な鍋の具材、という感じです。

お鍋なので切って煮るだけでとにかく簡単でした。

平日金曜日だったので卓上コンロは出さず、キッチンで一気に炊いて

食卓で食べましたがおいしかったです。

和風だしベースに醤油やみりんでシンプルに味をつけたお鍋でしたがしょうががアクセントになっていくらでも食べられそうなおいしさでした。

冬は鍋も頻繁にメニューに登場するようなのでいろんな味の鍋が食べられるのは楽しみですね。

ヨシケイの量について

5日間頂きましたが、ヨシケイプチママコースの量は思っていた以上に多かったです。

特に野菜などの副菜の量が多くて、翌朝にもおかずを回せる日も何日かありました。

逆にお肉やお魚の量は口コミでもあったように確かに少なめかな…とは思いました。

我が家は普段から節約&健康のために肉は少なめの料理になっているので普段と変わらない量だと思いましたが、家庭によっては肉をもっと食べたい!と思うかもしれません。

でも全体として量はたっぷりで毎日3歳の子供にも取り分けて家族3人で食べられる量でした。

まあさ
まあさ
特に子供が幼児のうちは2人分で大丈夫そうです。

味について

味は基本的に家の調味料でできるのに自分ではしない味付けもあったりでとにかくおいしかったです。

プチママコースは料理初心者の方にも作りやすい簡単メニューになっているので「レストランのような手の込んだ味」にはなりませんが、家庭料理として毎日ほっとできる味だと思います。

チャプチェを作ったときだけ付属の焼き肉のたれを使ったので正直に言うと自分の口には合いませんでしたが、大体のメニューはレシピを見て自分で調味料を混ぜるので慣れている人は好きな味に調整することもできます。

あとは毎日の献立が栄養士の方にきちんと考えられているので、何も考えなくても同じような味付けの料理ばかりにならないのもいいな、と思いました。

ヨシケイお試しの感想まとめ

ヨシケイのお試し5日間をやってみて、思ったのは「献立を考えなくていいのはなんて楽!」ということです。

普段平日は帰宅後、子供とお風呂に入る前に料理を完成させるのですが帰宅後に洗濯物取り込み~料理の流れをするのが結構しんどく、憂鬱でした。

夕方はパパもまだ帰っていなくて一人でこの流れをしているママって多いと思うのですが、子供は「お腹空いた」と機嫌が悪いですし、自分は帰ったばかりで疲れているしでとにかく大変ですよね。

まあさ
まあさ
また、1日中どこか頭の隅で「今日何を作ろう?どう作れば効率いい?」と考えている気がしちゃうよね。

その点、ヨシケイでレシピと食材を届けてもらうと帰宅後は洗濯物を片付けたら何も考えずにお風呂に入ってリフレッシュした後、レシピ通りに作っていけばいいだけなので楽です。

「どれだけ時間がかかっても30分ちょっとあればできるからなんとかなるわー」と楽に構えることができるので精神的な負担はかなり減ると思いました。

夕方、時間にゆとりがあると子供にも優しくできる気がします。

いつもいろいろ忙しい人に、自分や家族を大切にするためにもヨシケイを試してみてほしいと思います。

ヨシケイの安全性向上の取り組み

産地と農薬

ヨシケイでは地産地消を推進していて、積極的に地元の農家と契約した食材を使っているそうです。

地域のものを使えば生産から入荷までの時間が短く、品質保持剤を使わなくても新鮮なまま届くというメリットがあります。

また、生産者の方と直接取引することで同じ値段でもより品質のいいものを提供できるように、と日々努力しているそうです。

そして低農薬・減農薬の野菜を中心に仕入れを行う点にもこだわっています。

産地といえば今回プチママコースのお試しで届いた1週間の食材のうち、牛肉がオーストラリア産、この時期は冬だったのでしょうがないですがカボチャはトンガ産だったぐらいであとは国産でした。

近郊の県の野菜も多かったです。

想像していたよりもずっと国産の食材が多く、食材へのこだわりがある印象でした。

添加物

ヨシケイでは国の定める指定添加物よりも基準の厳しいヨシケイ独自の食品添加物の基準「Yリスト」を定め、添加物を減らす努力をしています。

ヨシケイで作った食事は普通に作った食事の1/4の添加物の量になることを目指して、扱う食材が選ばれているそうです。

ヨシケイの宅配のメリット・デメリット

メリット

毎日届けてもらえるので冷蔵庫がいっぱいにならない

ヨシケイでは基本的にその日に使う食材を当日に配達してもらえるので冷蔵庫がいっぱいになりません。

また、届いた食材を冷蔵庫や冷凍庫に移すのってちょっと面倒なのですが、日中外出している人なら帰宅後保冷の箱からそのままキッチンの作業台に食材を並べて作り始められるので楽です。

幅広いメニューから選べる

ヨシケイでは16種類ものコースの中からメニューを選ぶことができます。

プチママのように1週間単位で注文するコースもありますが、1日単位で注文できるコースを組み合わせれば日々バラエティーに富んだ料理ができそうです。

栄養士が考えたバランスのいい食事

ヨシケイでは毎日のメニューを管理栄養士が監修し、栄養バランスやカロリー食塩量がコントロールされている点も魅力的です。

自分で献立を考えると、普通の主婦なら「昨日は肉だったから今日は魚のおかずにしよう」、「野菜メインのおかずを1品は作ろう」ぐらいのざっくりした感じにしか栄養バランスのことを配慮できないのではないでしょうか(私はそうです)。

その点、ヨシケイでは何も考えなくてもバランスのいい食事レシピが届くので調理だけ頑張ればいい、と思うと安心です。

デメリット

朝ごはんや弁当のおかずは別に作らなければいけない

ヨシケイでは基本1食分で完食する量のおかずを作るので、夕食の残りを朝ごはんや弁当のおかずに回したい、という人には不便かもしれません。

(上に書いたお試しでも副菜がすごくたっぷりできたときもあったので日によっては朝ごはんに少しおかずを持ち越し、はできます。)

ただ、ヨシケイはお弁当おかずの時短セット(冷凍食品中心)や朝食や昼食に便利な食材や調理済み食品のセットも扱っています。

まあさ
まあさ
うまく組み合わせればヨシケイだけで1日の食事を回すことは可能です。

調味料は自分で用意しなければならない

どこの会社の料理キットでも最低限の調味料は用意しないといけないことが多いですが、ヨシケイでは特に自分で用意しないといけない調味料が多いように感じました。

バターや揚げ油など、人によっては普段使わないような調味料もあるのでレシピブックを見てあらかじめ必要な調味料を揃えておく必要があります。

ただ、料理になれている人にとっては自分好みの味付けに調整できたり普段使っているこだわりの調味料を使うこともできたりと自由度が高く、便利という考え方もできます。

消費期限が短いため基本当日に調理する必要がある

ヨシケイでは肉・魚なども基本生のものが届くので消費期限は短く、どのメニューも配達日の2日後が消費期限であることが多いです。

主婦の方なら誰でも経験があると思いますが、「今日はやっぱり疲れたからレトルト品に頼った献立にしよう」「〇〇の食材を買ったけれど今日食べたい気分じゃないから明日に回そう」なんてことがヨシケイではしにくいのがデメリットかな、と思います。

でも考えてみれば、家族の中で献立の最終決定権があるのは主婦だけである家庭が多く、旦那さんや子供はどんな日も出てきたものを食べることが多いですよね。

まあさ
まあさ
栄養バランスのためだ、と思ってある程度割り切り、今日の気分ではない食事を頑張って作ってもいいのかな、と思いました。

ヨシケイのコースと料金プランについて

ヨシケイと夕食ネットの違いはメニュー数と注文締め切り日

ヨシケイでは地域限定で夕食ネットというサービスもやっています。

この2つは似ているのでどう違うのかわかりにくいのですが、夕食ネットは手作りメニューとして

  • キットde楽!
  • 日替わりメニュー

冷凍弁当として

  • 楽らく味彩

の3つのコース限定であることと

当日朝5時までの注文は当日中に配達してもらえるという点が特徴です。

(普通のヨシケイでは1週間分の注文を前週水曜17:00までにする必要あり)

夕食netを利用できる地域は限られているのですが、どちらも利用できる地域の人は

  • 豊富なコースから選びたい人は普通のヨシケイ
  • 当日まで夕食が必要か予定が立てにくい人は夕食ネット

なんて使い分けをするのがおすすめです。

 

 

ヨシケイのコースは全16種類

メニューブック名 特徴 選べるコース
すまいるごはん 本格手作りから冷凍弁当まで幅広いニーズに対応
  • プチママ
  • 定番
  • Cut Meal(カットミール)
  • 食彩
  • キットde楽
  • Yデリ
  • バランス400
  • Smile Veggie(スマイルベジー)
  • スマイルミール
  • 楽らく味彩
Lovu(ラビュ) 20代~30代向けのトレンド感あるおしゃれメニュー
  • バリエーションコース
  • クイックダイニングコース
和彩ごよみ 元気なシニア世代におすすめの和食中心メニュー
  • みやび
  • なごみ
  • あおば
ヘルシーメニュー カロリー、糖質、塩分などに配慮した健康的なメニュー
  • ヘルシーメニュー

※そのほかにも単品でおかずやお菓子を購入できるコースもありますが表には含んでいません。

全コースの詳細や料金は以下のページにまとめています。

ヨシケイのコース全16種類とその料金を紹介!おすすめでお得なのは?ヨシケイを始めてみたいけれど「コースがたくさんあるみたいでどれにしたらいいかわからない」、「手頃なコースもある?」なんてお悩みではありませんか。 そこで今回はヨシケイの全16コースの紹介と料金を比較、目的に合わせておすすめのコースもご紹介します。...

ヨシケイの料金は高くない!

ヨシケイのメニューがたくさんあることはわかったけれど、結局いくらかかるの?と疑問に思っている方のために、ヨシケイの人気ベスト2のメニュー(プチママ、定番)と一番安い手作りメニュー(なごみ)の料金を比較します。

ある週の3コースの税込み価格で比べてみました。

※地域により値段が異なる場合があります。

5日間コース 1食1人あたり 1ヶ月4週利用した場合
プチママ(2人用) 5,140円 514円 20,560円
定番(2人用)※ 5,660円 566円 22,640円
なごみ(2人用)※ 4,440円 444円 17,760円

※定番、なごみは1週間通し注文をすると値引きになるので値引き後の値段で計算しています。
また、この2コースは献立の内容により1週間単位で料金が変動するため目安の料金を書いています。

こうして見ると1食1人あたり500円前後で利用できることがわかります。

3品構成で豊富な品目数が摂取できる定番コースでも1人あたり566円です。

ひと月の平日、2人の夕食だけで月2万円強なんて高い!と感じる方もいるかもしれませんが、以下のヨシケイのメリットを考えてみるとどうでしょうか。

  • メニューを考える手間がなくなる
  • 新鮮な食材を毎日宅配してもらえる
  • 買い物にあまり行かなくてもよくなる
  • 毎日時短で調理できる
  • 栄養バランスが整った料理が食べられる

また、食費を比較するときはつい現状の食事内容と比較しがちですが、今よりも健康に良い食事が食べられる、と考えると現在の食費との単純比較は早計なようにも思います。

例えば私の場合は正直毎日自分が作る食事の栄養バランスに自信がありません。

多少ヨシケイで晩御飯にかかる費用が上がっても、長期的に見たときの医療費などが下がれば、これ以上のメリットはないように思います。

家族の健康が一番大切ですもんね。

ヨシケイの注文方法

ヨシケイでは紙の注文書、電話、FAX、インターネットからの注文が可能です。

ここではお試しセットのインターネットからの注文方法をご紹介しますね。

お試しセットのページにアクセスして

3種類のコース(プチママ、カットミール、Lovu)の中から試したいコースを選び、個人情報を入力します。

お試しする週も来週、2週先、3週先から選べるので予定に合わせてお試しできます。

(水曜の17:00が翌週の注文締め切りになるのでそれ以降は2~4週先の注文となります。)

入力情報に誤りがないことを確認して注文を確定して完了です。

上の画面で「近日中に担当者よりお返事いたします」とありますが、私の場合は電話連絡などはなく、お試しの前週の金曜日に配達員の方が資料をもって来られました。

長い説明などもなく、ほんの1分の応対で終わって好印象でしたよ。

支払いは振込用紙による支払いで便利でした。

地域によっても異なるかもしれませんが、参考にしてみてください。

入会金、年会費

入会金、年会費は不要です。

配達エリア

ヨシケイでは全国どこでもヨシケイの配達員の方が届けてくれる関係上、配達できるエリアが限られています。

対応している地域を以下にまとめてみます。

地域 都道府県
北海道・東北 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
関東 東京、茨城、神奈川、栃木、千葉、群馬、山梨、埼玉
東海・北陸・甲信越 新潟、長野、富山、石川、福井、静岡、岐阜、愛知、三重
関西 滋賀、京都、兵庫、大阪、奈良、和歌山
中国・四国 鳥取、島根、岡山、広島、山口、香川、愛媛、徳島、高知
九州・沖縄 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

上記の都道府県でも一部配達エリア外の場合がありますが、対象外かどうかは注文の途中で分かります。

配達料金

配達料金は無料です。

配送日時

原則月曜~金曜日の午前10時~午後5時の間に配達されます。

配達ルートがあるため、配達時間の指定はできません。

ヨシケイの休業日と土曜日分の食材は前日に配達してもらえます。

不在時の対応

不在時は発泡スチロール製の「クールBOX」に入れて留め置きをしてもらえます。

いたずら防止のための紙の帯を巻いて置いておいてくれますが、プラスチック製の「鍵付きあんしんBOX」を貸し出してもらうこともできます。

鍵付きあんしんBOXは保証金1,000円(BOX返却時に返却あり)で借りることができます。

支払い方法

支払方法は基本的には以下の中から選べます。

  • ヨシケイニコスカード決済
  • 郵便口座引き落とし
  • 郵便振り込み
  • 預金口座振替

クレジットカードは指定のヨシケイニコスカードしか使えないのが少し不便かな、と思います。

ただし、夕食.netを利用する場合は逆に支払いはクレジットカードのみ(ヨシケイニコスカードでなくてもOK)となっています。

支払方法は地域管轄のヨシケイ毎に少しずつ異なるので、最初に配達員の方に確認してくださいね。

ヨシケイはどんな人におすすめ?

これまで見てきた通り、ヨシケイは栄養バランスに配慮した献立を作れる食材を毎日配達してくれる食品宅配サービスです。

そのため、以下のような人におすすめです。

  • 献立を考えたり買い物に行ったりする負担をなくしたい人
  • 便利に食事を準備したいがきちんと作られた出来立ての料理がいい人
  • 家族には栄養バランスの整った食事を食べさせたい人
  • 食材の鮮度にはこだわりたい人
  • 食事のレパートリーを増やしたい人
  • 料理が苦手でどんなものを作ったらいいかわからない人

逆に向かないのは

  • 食費は少しでも安く抑えたい人
  • 食べ物の好き嫌いが多い人
  • 急な予定変更が多い人

かな、と思います。

実際私も注文してみて、ヨシケイで扱う食品の鮮度の良さと毎日食材とレシピがセットになっている便利さが本当によかったです。

まあさ
まあさ
ママの負担が大きい妊娠中や出産後、育児休暇から復職後の一番忙しいときに使うのもおすすめですよ。

「頑張れば自分でも献立から考えて作れないことはないから贅沢かも」「周りに楽してると思われるかも」なんて気にする必要はないと私は思います。

また、精神的にも料理をどのくらい頑張れる余裕があるかは常に変わっていくと思います。

「産後体が楽になってきた」「保育園お迎え後に料理を急いでするのにも慣れてきた」なんて思ったときにはヨシケイを休止して自分で献立を考える方法に戻ってもいいわけですし、その時その時で一番自分が納得できる方法を使えばいいと思いますよ。

今すぐ必要がなくても産後や職場復帰後を想定して早めにお試ししておくのもおすすめです。

ヨシケイのよくある質問

ポイントサービスはあるの?

ヨシケイでの支払いをヨシケイNICOSカードにした場合のみ、100円で1ポイントが付与されます。

貯まったポイントはヨシケイポイント交換所で好きな商品に交換することができます。

家電やおもちゃ、お米やお菓子と選択の幅はかなり広いです。

また、ヨシケイでの1000ポイントが各社の700ポイント相当、にはなりますがヤマダ電機のヤマダポイントや楽天スーパーポイントに移行することもできます。

勧誘はないの?

勧誘がどのくらいあるかは担当の配達員さんにもよるようです。

我が家の担当の配達員さんにはまだ1回しか会えていませんが、笑顔が素敵で控え目な印象の方でした。

ヨシケイでは水曜日が次週の注文締め切り日なので、月曜日、火曜日の食材配達時に「来週の注文はいかがですか」と案内する紙が入っていたくらいでした。

また、5日間のお試し後には簡単なアンケートに答えるようになっていました。

そのアンケートの「今後も利用しますか?」という問いに「今後も利用したいが忙しくて必要なときにまた注文します」ということを書いて食材の保冷箱とともに玄関に置いて返却したのですが、その後営業電話等かかってきていません。

あまり怖がる必要はないのかな、と思います。

ヨシケイは簡単に休止や退会・解約できるの?

ヨシケイでは必要な時だけ注文すればいいため、お休みしたいときは注文をしなければOKです。

また、年会費等もないため今後利用することがなくなった、と思っても退会や解約をする必要は特にありません。

それでも退会したいときは配達員の方に伝えるか地域を管轄しているヨシケイの電話番号(初回配達時に案内があります)に連絡すれば大丈夫です。

水曜日の注文確定後に予定が変わって受け取れなくなった時はどうするの?

食材を注文しているのに急な予定が入って受け取りができない、食材を腐らせてしまいそうというときは事前に相談すればヨシケイの方で預かってもらって後日受け取ることもできるそうです。

早めに配達員の方に相談してみてくださいね。

アレルギー対応はされているの?

ヨシケイでは商品カタログにて1メニューごとに7大アレルゲンが明記されています。

これを見れば特定の食材が入っている日は頼まない、他のコースのメニューに変更するなんてことも簡単にできます。

管理人の評価

今は各社からミールキットが出ていますが、ヨシケイは40年以上の老舗、ということで抜群の安定感のある夕食宅配サービスだと思います。

豊富なメニューから選ぶのも楽しいですし、どれを選んでも自動的に栄養バランスが整った献立になるというのが素晴らしいです。

ヨシケイでは「つくる人から笑顔に」というキャッチコピーがあるのですが、これは本当に素敵な考え方だと思います。

料理を作る人が精神的時間的に余裕をもって楽しくできたら、家族の食事の時間はあたたかく楽しいものになりますよね。

そして仕事や育児でいろいろと忙しくて時間がないときほど、おいしくって体に優しい料理が食べたくなります。

私はすごく経験があるのですが、殺伐としているときでも栄養たっぷりのごはんがあれば、また明日も頑張ろう、という気になれますよね。

効率的に食事が作れてしかも自分で作るより栄養バランスがいい、といいことずくめなので今料理で少しでもしんどい思いをしている方におすすめします。